2012-04-07

エネルギーがあるものを食べる

地球の恵をいただくこと・・・これが一番大事なんだなとつくづく感じる今日このごろ。お肉は、死んでしまっていてエネルギーが終了してしまっているからNGで、なんでもエネルギーがあるものを食べればいいんだなと感じます。お肉でも、熟成とかだとまた違って、エネルギーがお肉という媒体に注入されているものなので、これもアリかなと。。。発酵食品というのもまた、エネルギーがあるから発酵するわけで、これも大事なんだなと。

ベジタリアンが大事って思ってましたが、そういうことでもないし、コーヒーはカフェインがあるからNGってことでもなく、コーヒーも大地の恵なわけですし。。。

先日、私が興奮した本をお知らせしましたが、ヤナさんは、コーヒーにチコリコーヒーを入れて飲むとのこと。私もこれをやってみようと思いました。

いかにも、当然ベジタリアンなんでしょうと思っていたヤナさんですけど、肉を食べるとは書いてはいなかったけど、地球のエネルギーをいただくという・・・そういうシンプルな解釈であることを知りました。

私の頭の中は、ヤナさんとともにハワイ島に暮らしている感じの毎日。

脳って意外なところでそんなに賢くないらしく、現実と想像の区別がつかないらしいです。現実と想像の区別をつけてるのは、私たちの何だろう、意識っていうか、思いとかなのかな?
例えば、私がヤナさんとハワイ島で暮らしていることを想像すると、脳は本当に私がそれを体験しているのと同じに働くんだそうです。つまり、本当に私がハワイ島に行ってヤナさんのそばで暮らせば、ウキウキしたり、楽しかったりしますよね。すると、私のエネルギーは刺激を受けますよね?想像するだけでも同じ刺激が体に起こるんですって。。。だから、イメージすることって実はすごく重要なんですね~!逆に、嫌なことを想像してたら、そのネガティブなストレスを想像しただけなのに、実体験したのと同じダメージを体は受けるってことですよね。

やっぱり、楽観主義って大切です。

—–

Share
a
関連記事