占いとスピリチュアルの違い

この前、テレビを見てて、思ったのですが、

占いとスピリチュアルは、違います。。。

占いは統計学です。でも、その読み解き方は、様々あり、スピリチュアルな感性というのかな?スピリチュアルヒーリングの世界ではリーディングと同じ方法で読み解くことができます。

未来についてのメッセージを占いとひとくくりにするのだとしたら、今、神界から届いているメッセージをお客様に伝えれば、占いとなるのかも。。。

でも、アカシックレコードを読み解くとか、前世を読み解くことは、必ずしも必要ではないです。

大切なのは、過去でもなく、未来でもなく、今、この瞬間なんです。

この瞬間を、ワクワクと楽しく、幸せに過ごすこと!これだけ。

この瞬間の積み重ねが未来になるし、振り向けば過去なわけです。。。

だから、今、この瞬間をワクワク幸せに過ごすことにベストを尽くせばいいわけ。

で、もし、ワクワク幸せに過ごせないときに、その原因を探り、癒すことがスピリチュアルヒーリングの極意なわけです。

なので、まず、気に留めて欲しいことは、ワクワク幸せに過ごしているかどうか。過ごせているなら大丈夫!スピリチュアルヒーリングはあんまり必要なく、それより、今のあなたのエネルギーをもっとパワーアップするスピリチュアルワークをしていけば、どんどん人生はバラ色に変わります。

もし、過ごせていないなら、それを探ってヒーリングするといいでしょう。

とは言っても、ちょこっとしたことは、逆にエネルギーアップしていけば、その過程で癒されてしまいます。

基本的にはワクワクするし、幸せって場合は、エネルギーアップでOKです。

スピリチュアル手法があれこれある、今日この頃、何がいいのかがわからないと思うんです。スピリチュアルな仕事に従事している人たちには、それぞれ役目があって、前世をみるのが専門という役割の人、オーラを読むのが専門という役割の人などいろいろなんです。で、自分でその専門を選んでいるわけではなくて、天命みたいなものなんです。

あなたの魂は、今世での目的というものが確かにあります。それは、前世や過去世、あるいはアカシックレコードと呼ばれるもののように、何度も肉体を受けて人生を繰り返していて、前回の生の結果を受け、今世の目的を神界から与えられてこの世に生を受けています。それを前世リーディングなどで紐解けるのですが、その目的自体は知らなくてもいいのです。それは何なんだろうと思いながら、人生を進めばいいわけです。その目安として、自分がワクワクすることをやればいいわけ。自分がワクワクすることをやっているときは、すっごい幸せなわけです。あの人は、夜も寝ないで小説書いてて、ワクワクしてて、幸せみたい。。。でも、自分は小説なんて書きたいとも思わない!そうなんです。それぞれ役割があるから、ワクワクすることは人それぞれです。例えば窃盗をすることがワクワクすること・・・という場合、これは、スピリチュアル面に大きな傷、痛み、何かがあって大きな癒しを必要としている人です。神界には、ネガティブなものは一切ないので、そんなことがワクワクすることではないわけです。

今日もテレビでやってましたが、ローリング族、車で暴走する人たち。この人たちは、これをすることでワクワクしてるんですけど、魂に相当なる大きな傷があります。

基本的に、エネルギーヒーリングやら、スピリチュアルヒーリングなどではなくて、本当の大きな愛で包まれたりして、ハートチャクラが刺激されて、開いてくれば、癒しは起こってきて、いつの間にかヒーリングされることも多々あります。でも中には、ハートチャクラが開かないまま、人生を終える人も沢山いるわけです。

なんで、最近、ヒーリングとかが話題になるのかというと、私たちの時代は大きな変化に向かっています。人々のスピリチュアル性が重要になる時代へと入り始めているのです。病んでいる人が多いわけではなくて、スピリチュアル性を再認識しようとする無意識な気持ちが強くなっているだけなのです。

いずれにせよ、とにかく、今をワクワク幸せに生きることの積み重ねがキーポイントです。自分がワクワクすることは何か?これがファーストステップです。

自分がワクワクすることがわからない。ヒーリングが必要なのかと思うかもしれませんが、まずは、エネルギーアップがおすすめです。自分のエネルギーにちょっと変化があると、ワクワクが見えてくるかもしれませんよ!

続きは、次回に。。。

—–

関連記事

ニュースレターを購読する

メルマガ登録

無料講座「スピリチュアルの基礎知識」を受講できます 🎁

このサイトにブログ記事がアップされるとメールでお知らせします
【メルマガ読者限定記事】をご覧になりたい方はご登録いただくと
パスワードをお知らせします。

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

最近の記事

PAGE TOP