2020年12月22日に起こるグレートコンジャンクション

木星と土星が2つ重なるのがグレートコンジャンクション。グレートコンジャンクションは20年ごとくらいに起こるんだけど、今回はミューテーションと言って、これまで240年は地の星座であるやぎ座、おうし座、おとめ座でグレートコンジャンクションが起こってきたのが、これからの約240年は風の星座であるふたご座、てんびん座、みずがめ座で起こる。だから、風の時代が来ると言われているわけ。

12星座は、おひつじ座からうお座まで順番にいつも回るんだけど、やぎ座からみずがめ座は、12星座の中でもっともすごい変容が起こると思う。だって、やぎ座って、簡単に言えば、実直で真面目で事実ありきっていうコッテコテの地の星座。一方、みずがめ座って人と同じは嫌いなアーティスト系天才。その上をいくのがうお座で、みずがめ座にプラスして目に見えないものが見える能力ありみたいな最高峰の不思議感という感じ。それがちょっと我に返り、現実に目を落とし、人生を突っ走ってくおひつじ座に戻ると言う感じで、次の星座に移る流れがあるんだけど、やぎ座からみずがめ座の間にあるストーリーってなんだろうって思う。

やぎ座の真面目さと現実主義に疲れ果て、やっぱりそうじゃないじゃんと目覚めるのがみずがめ座で、もっとアーティスティックな感覚とか感性とか大事にしようよ、結果が出るだけがすべてじゃない、プロセスが大事、プロセスを楽しまなきゃみたいな目覚めかなと思う。

木星は今、やぎ座にいて、2020年12月19日にみずがめ座に1年くらい滞在する。

来年はどんな年?っていう占いは木星のサインで占うのがほとんど。木星はラッキーを司るしね。

グレートコンジャンクションは、12月22日に時代が風に変わるってことだけ覚えとけばいいわけで、もっと大事なのは、数日前に起こる木星がやぎ座からみずがめ座に入って、木星みずがめ座の1年が始まるってこと。

みずがめ座オンパレードはこれだけじゃない。。。

土星はやぎ座にいたり、みずがめ座に入ったりを繰り返し、正式に2020年12月17日にみずがめ座に入って、2023年までずっとみずがめ座にいる。課題を示す土星のエネルギーもみずがめ座ってこと。

つまり、やぎ座的これじゃあダメだよねって目覚めてみずがめ座的な理解ができるものの、みずがめ座っぽくやっていくのは難しいんだよねえってこと。2023年までっていうから、3年くらいは風の時代へ変わったって言っても、なっかなか馴染むのも、慣れるのも、できるようになるのも苦労するぜー!ってこと。

だから、時代が風に変わったのに、なんだか地の時代の感覚が消えなくてうまくいかないな、私ってダメだな!なんて思わないこと。そういう星まわりだからで、あなたのせいではございません。

面白いことに、魔法を起こす トランスサタニアンの冥王星が2023年3月23日にみずがめ座に入るのねえ。土星がみずがめ座から抜けて約1週間後。。。冥王星はトランスサタニアンの中でももっともパワフルな魔法を起こす星。何度が出入りを繰り返し、2024年11月20日ごろから20年間みずがめ座にいるんだって。

だから、数年はみずがめ座っぽい生き方を目指すっていう感じになるでしょう。。。来年の予想までしてしまいましたね。

そもそも、来年はどんな星模様なのかなあといろいろ調べてて、これらのことがわかったわけ。星読みは、基本、ざっくりがいいです。方向性を知るってくらいな感じ。こまかーく読んでがんじがらめになっちゃダメ。だから結論は、「なんでも、みずがめ座っぽくいこう」ってこと。

そもそもみずがめ座っぽい人はいいけど、やぎ座っぽい人が一番苦労すると思うんだけど、みずがめ座と正反対のエネルギーはしし座なんだよね。やぎ座っぽい典型的真面目人間な人、しし座っぽい熱くやる気まんまんタイプの人は、みずがめ座でいくことをたくさん意識した方がいいかも。

風のアイテムって香りと煙なのねえ。魔女的なアイテムとしては、アロマなわけ。アロマは健康面や美容面にも有効活用できるけど、それより、感情のコントロールやエネルギーの魔法力の方が得意だから、アロマを使って上手に感情をコントロールしていくといいかも。

世界に向けて、世界のためになることってなんだろう?って常に考える。

何をやるにも、これって世界のためになる?って自問すること。

世界に向けて生きていくこと。

そういう兆候は、なんだかTSBがSDGsって騒いでるし、メディアでは多く取りざたされれて、これも視点は日本ではなく世界だよね。

コロナ問題まっただなかに、レジ袋廃止した政府の意図は不思議だけど、でも理由は関係なく、確かに世界には、地球にはいいことだよね。

ちゃーんと、そういう風に動いていってるのよね、自然と。。。不思議でしょ。。。でもそれだけ星からのパワーって影響してるってことなのよ。。。

コロナもまだまだ時間がかかりそうだけど、いろいろな思い込みを捨てるというやぎ座的感覚な課題が突きつけられているのかも。コミュニケーションはなにも対面することだけがすべてじゃない。やっぱり会わないとね〜なんて思うようじゃ、みずがめ座時代には苦労しますよ。

例えば、書くコミュニケーション。私はやり取りは書くのを好みます。社会は会って話しましょうなんていうけど。会って話したらお互い何言ったかわからないし感情的にもなる。書いたら、何を伝えたかバッチリ証拠に残るんだから、私は書くほうがいい。書くほうがいいと思わない人は国語力が足りないのかもね、正しく伝わるように書けない。正しく書くわけじゃなく、正しく伝えることが大事なわけ。だけど、多くの人は普段の会話でだいたい相手に正しく伝わっていると思うから、普段話しているとおりに書けばいいと思う。私は、書くときも話すときも同じ。

ツイッターとかで暴言的な口調になってる人は、それがその人の心底からの声だと思うよ。普段は遠慮したり、控えめにしたりして発言していないだけで、ツイッターだと本音になっちゃうってだけのこと。つまり、性格悪い人ってことよね。性格いい人は、ツイッターでそうはならないし、キツイことも書くかもしれないけど、普段も言うときは言ってると思うわけ。

みずがめ座は情報やテクノロジーを自由にしてくエネルギーもあるから、全世界の大学や学校がオンライン化して、全世界のどこからでも勉強できるようになる時代が来るように思う。中1の息子が大学受験する頃は、結構そうかもねえ。。。公立学校で新学期に教科書配られないで、タブレット配られて、そこに全部教科書が入ってるかもねえ。

それじゃあ字を書かなくなるって絶対誰かが言うと思うけど、もちろん、実際に書くっていう教育も残ると思いますから、それでいいんです。

私は、近年、キーボードを打つ時間の方が圧倒的に長いので、魔女のノートは手書きで書いています。忘れちゃった漢字もスマホで調べたりして。魔女のノートは書いて作った方がパワーが宿るのでね。だから、手仕事はなくなりませんよ。本もなくなりません。本で読むほうがいいものもたくさんあるから。手でやることがすべてアートになる時代がくるってことかもね。それはそれでステキだ!!!!

使えるツールが増えてくってことだから、進化していくことには寛大にならないとです。

明日は、海王星のレトログレイドが終わるから、海王星のことを書こうと思います。。。

関連記事

最近の記事

  1. 2021.03.2

    3月の星読み

ニュースレターを購読する

メルマガ登録

無料講座「スピリチュアルの基礎知識」を受講できます 🎁

このサイトにブログ記事がアップされるとメールでお知らせします

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

PAGE TOP