素敵な言葉

ただあるがままを生きる。この世には人智を超えた神々の計らいがあり、その中をただ自然に生きることこそ大切

神道の教えをネットで見つけて、素敵な言葉だな、まさにこれこそが、ミラクルヒーリングの哲学!

神道は宗教の一つですが、他の宗教と違い、万物に神が宿ると信仰するので、神みたいな絶対的一つの存在もなく、教義や教典もないし、布教活動もなく、日本で自然発生した信仰生活なのだそう。

ハワイと全く同じです。つまりフラの教えとも全く同じ。

フラは、万物の神々や先祖を崇めるための踊り カヒコと呼ばれる古典フラがありますが、万物のエネルギーとより強く、より近く、つながることになります。

現代フラ、アウアナと呼ばれるフラは、愛を表現する・・・この一言に尽きるかもしれません。

私のスピリチュアルジャーニーは、フラを踊り始めたところからがスタートでした。

精神世界で言われる、アファメーションだったり、瞑想だったりなど、様々なことは、フラを学んでいく間に経験をしていきました。

例えば、フラは何事もチャントで始まり、チャントで終わります。チャントとは、お経とよく似ています、祈りであり、つまりはアファメーションなのかもしれません。

フラを踊るとき、神々の宿った植物でレイを編み、身につけたり、スカートを作って身にまとったりします。こうして、マナを下ろすとか強めるとか様々に言う人もいますが、自分のマナをより一層万物のマナに近づけるのです。

正式にはハワイの教えでは、マナは、自分が操作するものではありません。自分で強めたり、出したり、閉じたりできるものではなく、自然と宿るものです。マナが強いということは、マナを強くするためになにかをしたわけではなく、より一層、よりクリアに万物のマナに近づいたという結果なのです。より近づきたい姿勢をアファメーションのごとくチャントをして、万物の神々に感謝をささげ、存在を示し、導きをお願いするという感じかな。

フラは全てがスピリチュアルヒーリングなのかもしれません。

—–

関連記事

最近の記事

  1. 2021.03.2

    3月の星読み

ニュースレターを購読する

メルマガ登録

無料講座「スピリチュアルの基礎知識」を受講できます 🎁

このサイトにブログ記事がアップされるとメールでお知らせします

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

PAGE TOP