2月の星模様

  • 1/31 みずがめ座水星がレトロへ
  • 2/1 金星がみずがめ座へ みずがめ座のステリウムが強まってく
  • 2/12 みずがめ座の新月
  • 2/17 土星と天王星のスクエア
  • 2/18 太陽がうお座へ
  • 2/21 水星のレトロ終了
  • 2/25 金星がうお座へ みずがめ座のステリウムが弱まっていく
  • 2/27 おとめ座の満月

みずがめ座のステリウム

みずがめ座のステリウムについては、前回のブログに書きましたが、

今回のステリウムは、みずがめ座。みずがめ座のエネルギーのアクセルが加速するんです。

「人生のどこにアクセルをかけたいですか?」これがテーマ。みずがめ座は、社会改革、社会での自分のあり方、コロナとともに社会で自分はどうありたいか?日本社会だけじゃなく、視野は世界に向けて。世界に向けてコロナがある今、自分はどうありたいか?それにアクセルをかけてくれる時期なのです。いつまでかというと、金星がうお座に入る2月25日頃からステリウムパワーは弱まっていきます。

このテーマに自分を向けておかないと、ステリウムのパワフルエネルギーは、精神的に感情的に大いにいたずらをしてきて、障害にぶつかりっぱなしになり、ズタズタになっちゃう可能性大です。しかも水星がレトロ中だから、コミュニケーションや人間関係もうまくいかない可能性もあるので、これを知って立ち進むか、進まないかで、大きな差が出るこれからの約1ヶ月と言えるかと思います。

上記のように、しっかりフォーカスをしておかないと、やたらと風のエレメントであるみずがめ座のエネルギーに係る課題に引っ張られます。各自にあるなんらかのみずがめ座な課題、”自由になるための変革” みたいな課題がいちいち目の前に現れて、これをクリアしないと先へ進めないかのような状態が起こります。自由になるための変革への迷いや拒否は、もはや間違い!変化って怖いことだから、迷ったり、拒否したりしがちなんですけど、腹をくくって変革しよう!って決心すること・・・これが課題クリアとなります。

これから詳しく書きますが、先に結論を言っちゃうと、昔はよかったとか昔に戻りたいとか、コロナを超えてまた昔に戻ったら・・・と思ってたら時代に取り残されるし、昔には戻らないです。変わるしか選択肢はない・・・というのが結論。

2月1日に金星がみずがめ座に参加して、今回のステリウムの力が発揮されていき、2月11日から12日は、月がみずがめ座に入り、もっとも強力になり、2月25日に金星がうお座に行くことで、このあたりから力は弱まっていくという感じです。

水星のレトログレイド

1月31日から2月21日まで、みずがめ座水星がレトログレイドです。これについても前回のブログに書きました。

ここ数年、水星のレトログレイドは、水の星座で起こってたんですが、今回は、風の星座の一つ、みずがめ座で起こります。

水星は風のエレメントなので、他3つのエレメントの星座よりは、パワフル。

今回のレトロ期は、精神面において、霧がかかったようで、混乱して、なかなかクリアにならない感じ。この負のサイクルにはまりやすくなりますから、はまらないように心がけます。どう心がけるかというと、星のエネルギーがなんやかんやと霧をかけ、混乱させ、クリアにさせないわけ。星読みを知らない人は、このモヤモヤに真剣に取り組むと、さらにもっとモヤモヤさせて、ネガティブなドツボにはめていくわけです。モヤモヤは、あなたのせいでも誰のせいでもなく、星のせいなので、自分で解決しようとか考えたりしません。考えれば考えるほど、底のないドツボにハマっていきます。モヤモヤが起こったら、気分転換しましょう。アロマがいいですよ。アロマは風のエレメントですから。オレンジやペパーミントなど、爽やかでスッキリする香りがおすすめかな?でも、なんでもいいです。香りを嗅いだらハッピーになって、ま!いいか!星のせいだ!って思えるような香りならなんでもOKです。

みずがめ座金星と天王星の影響で、特に古くからの人間関係や人間関係が原因の古傷が痛むときです。恋愛に関することが特に。。。水星のレトロ期は、前に進もうとするのではなく、その場で留まり、過去を見直す時期。整理整頓したり、反省したり、見直したり。これまで見ないようにしてきたような恋愛に関する古い関係や傷と向き合い、整理するといいかもしれません。

土星と天王星のスクエア

土星と天王星のスクエアは、あんまり起こらないのですが、この2021年はなんと3度も起こります。

2月17日、6月14日、12月24日と3回。

2月17日にはじまり、12月24日に終わるという感じ。

土星はコントロールしたいエネルギー、天王星は自由になりたいエネルギー、これがぶつかりあい、反乱、革命、古いしきたりの破壊が起こります。

これ以上、説明もいらないですね。今の地球の状態を見ていると、まさにそう。。。

これまで地球の歴史において、地球全体が同じ危機的課題を突きつけられているという経験は初めてと言えるかなと思います。

宇宙の力のすごさを感じずにはいられません。地球は宇宙の中の一つの星に過ぎないし、そこに生きる地球人なんてとってもちっぽけな存在だなと。なんだか人間が環境や宇宙をコントロールできるかのように錯覚していることが大きな間違いだなと。宇宙が私たちをコントロールしているわけです。壮大にコントロールされてはいても、人間レベルにはかなりな自由も約束されている。それなのに人間は自らコントロールをあれこれ作り出し、自由に生きることを阻んでいる・・・これ、間違いだよっていう宇宙からのメッセージなのかも。だから、このコロナも、地球が、宇宙が、しようとしていることは何かってことです。何年も前に私にもたらされたアクエリアスの時代へのメッセージ。その中に、各国の枠がなくなり、私たちは、地球という国に住む地球人となる・・・というメッセージがあったのですが、その意味がやっとわかってきました。世界に同じ課題が突きつけられ、各国が解決に向けて動き出しても、良い解決法を他国が参考にしながら互いに解決へと向かい、完全に課題クリアしたとき、世界は一つになってるんだろうなと思います。つまり、地球という国の地球人になるってことでしょうか。。。

 

関連記事

最近の記事

  1. 2021.03.2

    3月の星読み

ニュースレターを購読する

メルマガ登録

無料講座「スピリチュアルの基礎知識」を受講できます 🎁

このサイトにブログ記事がアップされるとメールでお知らせします

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Site Statistics

  • Visitors today : 54
  • Page views today : 78
  • Total visitors : 3,336
  • Total page view: 9,538
PAGE TOP