9月29日 てんびん座の新月

新月は、月のサイクルが始まる日。月のサイクルはおよそ28日。

魔女は、月のサイクルに合わせて、過ごします。

新月の日から始まり、7日後がワクシングムーン(満ちていく月・上弦の月)、さらに7日後が満月、さらに7日後がウェイニングムーン(欠けていく月・下弦の月)、さらに7日後が次の新月というサイクルを繰り返します。

  1. 新月からワクシングムーンの1週間は、目標、目的、今月のゴールなどを模索し、計画を立てる期間。
  2. ワクシングムーンから満月の1週間は、クリエイティブに過ごすとき。計画に沿っていろいろやるとき。創造するとき。
  3. 満月は、いろいろやったことを称えて、食べて飲んで歌って踊ってお祝いし、感謝するとき。
  4. 満月からウェイニングムーンの1週間は、今月の不要なものを手放すとき。整理整頓、掃除、浄化、計画を終了させるとき。
  5. ウェイニングムーンから次の新月の1週間は、生まれ変わるとき。肉体をデトックスして、エネルギーを浄化し純化するとき。

月は、12星座を、各3日くらいで巡っていきます。

たとえば、てんびん座の新月とは、月がてんびん座に入ってるときに起こる新月という意味。

地球全部が、てんびん座の月のエネルギーに包まれるという意味です。

で、それぞれの新月や満月は、同じではなく、違うエネルギーを放ちます。

よく、「私、かに座だから関係ないのかな」など、思われるようですが、自分の星座とは関係ありません。

でも、自分の太陽星座、月星座、アセンダント(ライジングサン)と同じ星座のときは、より、そのエネルギーと強く共感します。

てんびん座のエネルギーとは?

月のエネルギーは、私たちの内面と連動します。

例えば、マジカルな祝日は年に8日あって、春夏秋冬の節目に区切りをつけたり、太陽の活動を祝ったりするのですが、こちらは、太陽のエネルギーに対することなので、私たちの外側と連動します。外側とは、生きること、実生活、行動、物理的結果、人から見えるもののこと。

一方、月のエネルギーは、私たちの内面。内面が私たちの軸になりますから、一番大切です。家でいう基礎工事の部分が月のエネルギーということ。

てんびん座の新月のエネルギー、キーワードは「バランス」。

9月23日秋分の日はマーボンのマジカルな祝日を迎えました。この日は、昼と夜の長さが同じになる日。マーボンのキーワードも「バランス」です。

魔女は1年を2種類のスタイルで生きていきます。春夏はアクティブ期。外に出て、活動的に、活発に動き回ります。秋冬は充電期。家の中で過ごし、調査、研究、勉強、読書、探求、内省などをしていきます。

ミラクルヒーリングアカデミーでは、10月31日にマジカルな大晦日を迎え、11月1日のマジカルな新年を迎えます。マジカルな1年の終わりのとき。

10月は、「エンジェル・デトックス講座」を再度開講します。天使のサポートのもとデトックスしていきます。そして、新講座「スター&オラクル講座」を開講します。この講座は、占星術とオラクルカードを使った自分発見の講座です。10月は見えない世界ともっとも距離が縮まる月。「エルダーカウンシルメディテーション」を行い、先祖たちからのガイダンスを受けます。

1年の終わりだから、11月から入学した方がいいのかな?と思うかもしれませんが、11月からの新しいスタートのための10月なので、11月から入学しようと思う方は、10月から入学される方がいいです。5000円割引お試し入学キャンペーンを10月14日満月まで延長することにしましたので、ぜひこの機会にご入学下さい。https://sp.mh2u.net/register

PAGE TOP

このイメージは著作権で守られていますので、コピーはできません!ミラクルヒーリングアカデミー