オラクルカードリーディングをすると起こる7つのいいこと!

私は、職業を聞かれたときに「占い師」と言うことが多いです。でも、実際、私は占い師ではありません。

社会的には、「オラクルカードリーダー」という言葉はほとんど知られていないので、占い師と言っています。

占いは統計学に基づいたもので、オラクルカードリーディングは統計学ではなく、チャネリングすることです。

チャネリングという言葉も知られていませんから、透視と呼ばれることもあります。

チャネリングは、主な4つのスタイル、クレヤボヤンス(透視)、クレアセンシェンス(感覚)、クレアコグニザンス(叡智)、クレアオーディエンス(透聴)があり、人によってどのスタイルでチャネリングするかが違います。

オラクルカードリーディングとは、宇宙からのメッセージを伝えること、人々の潜在意識にあるメッセージを伝えること、特定のスピリットガイドからのメッセージを伝えること、ハイヤーセルフからのメッセージを伝えることだったりします。

実は、オラクルカードリーディングは、単にメッセージを知るだけのことではありません。

オラクルカードリーディングをすると、次の7つのいいことが起こります。

  1. 宇宙のエネルギーと自分のエネルギーが合ってくる
  2. 自分の中にある魔力を引き出せる
  3. 宇宙エネルギーとあなたの魔力が合わさると魔法が起こる
  4. 必要なスピリットガイドを引き寄せ、対話ができる
  5. スピリットガイドにサポートされ、守られる
  6. 人生の使命への道が整えられる
  7. 自分の魂が目覚める

これら一つ一つの詳細については、明日から7日間、メルマガの中でお話していきます。

オラクルカードリーディングをすればするほど、自分のエネルギーの波動は高くなっていきます。

エネルギーの波動が高くなると、ネガティブなエネルギーを跳ね除ける力が強くなり、自分が望むボジティブなエネルギーが強くなります。

引き寄せの法則力が高まるということです。

そして、人生はどんどん思うようになっていきます。

また、オラクルカードリーディングを他者にしてあげることで、その人のエネルギーの波動を高くしてあげることができます。

同時に、人にリーディングしてあげてる自分のエネルギーも高くなるのです。他者にリーディングしてあげてることが、魂の成長の糧となるからです。

つまり、オラクルカードリーディングは、ヒーリングセッションと同じなのです。

MHオラクルカードリーダー・プロ養成講座が9月からスタートします。MHアカデミーでは教えていない、プロになるための内容となっていますので、ぜひ、この機会にお申し込み下さい。締切は9月3日です。詳細&お申し込みはこちらから https://oracle.mh2u.net/

PAGE TOP

このイメージは著作権で守られていますので、コピーはできません!ミラクルヒーリングアカデミー