2011-10-17

恋愛というエネルギー

最近、恋愛についてのメールをよく頂きます。

男女の結びつきは、科学的に証明もできないし、理論ではありませんよね。

これこそ、エネルギーの交じり合いあいなんです。

フィーリングが合う・・・こういうのは、エネルギーの波長がお互いに合うという意味です。

エネルギーのみでつながっている男女の関係、そこから結婚へ結びつき、子孫繁栄につながるという、素晴らしい自然のプロセスがあるわけです。

大勢の人の中から、たった一人の男と女が結びつく・・・これだけでも、実は素晴らしいことです。

たとえば、ハンサムだからとか、お金持ってるから、社会的ステイタスがあるからなど、様々な理由のもと結ばれたと思っている人が多いかもしれませんが、私に言わせれば、これこそ気のせいのなにものでもなく、なんらかお互いがエネルギーを感じあったからこそ、結ばれています。特に、結婚という結論がでた結びつきは、一瞬でもお互いのエネルギーが世界中でたった一人、この人!という瞬間があったことの証明だと思うんです。

それが、時が経つにつれ、変化することもあります。うまくいかなくなることもあります。

よく、離婚は大変だと言いますが、私も離婚経験はありますが、少なくとも離婚を切り出した人は、大変であるはずはないと思うのです。離婚できるんだから、有頂天になって、こんな幸せは他にないと感じるくらい嬉しいはずなんです。もちろん、一瞬なりの、相手への同情や、かわいそうだなという気持ちも持つかもしれませんが、自分的には、最高に嬉しいはずです。

もし、そうじゃないとしたら、離婚するだけが全てではないと私は思います。

男女の関係って、基本的には大変です。感情が大きく支配をしますから、喜怒哀楽が激しくなります。だから大変なのです。でも、二人がそもそも結びついたのは、とても神聖なつながりなのです。

だから、離婚することに最高の幸せを感じられないのなら、離婚しないことをおススメしたいです。なぜなら、それを乗り越えて、素晴らしい夫婦に変容したカップルもたくさんいるのです。

その大変なことを乗り越えた二人というのは、より強いエネルギーで交じり合っているので、幸せも深くなります。

極端なことを言うと、相手が社会的に全く伴侶としての条件を満たしていないにも関わらず、最高に幸せなカップルもいます。相手が社会的条件を満たしていないので、まわりは別れろと口を揃えて言い、別れないあなたが馬鹿だとまで言われることがあっても最高に幸せなカップルはいるのです。

一番大事なことは、あなたが相手を好きか?愛してるか?ってことです。好きだったり、愛してたりするときは、離婚により、精神的に大消耗します。好きでなければ、一瞬でも寂しいと思うことはないし、とにかくいないということがこの世の最高の幸せに感じるはずです。

基本的に男女って大変なんですから、嫌になったら別れればいいやと気楽に普段考えてるのはいいですが、いかに別れないで幸せになるかに対しても真剣に取り組むと良いと思います。

—–

Share
a
関連記事