魔女になりたい人のための学校を開校します!

セイクレッドムーン魔女学校が12月に開校します!

魔女になりたい人のための魔女養成講座
2019年12月2日開校
入学締切 2019年11月29日正午まで

魔女になりたいですか?

魔女とは、「宇宙と地球のエネルギーとレゾナンスして自然の力を利用して賢く生きる女性」のこと。
魔女は伝統的には、一人で活動はせずに、魔女グループ(コバン)に入ることからスタートします。グループでリチュアルをし学んでいくのが伝統で、一人で魔女になることはなかったのですが、近年、魔女として一人で生きていくスタイルが提唱され、このスタイルを「ソリタリーウィッチ」と呼びます。
セイクレッドムーン魔女学校では、ソリタリーウィッチとして、セイクレッドムーンのオリジナルスタイルで魔女として生きる術を学びます。

魔女のイメージ

  1. ほうきにまたがって空を飛ぶ・・・古くは「奥様は魔女」、近年は「魔女の宅急便」のイメージからで、魔女はほうきにまがって空は飛びませんが、ほうきは、魔女の浄化ツールで、魔法をかけたほうきで掃くことによって、ホコリだけではなく、不要なエネルギーも履いて除去するのは事実です。魔法のかけ方は、魔女学校で教えます。
  2. おおがまをぐつぐつして怪しいものをつくる・・・イメージとしては間違ってはないです。おおがまは、コルドロンと呼ばれ、ウィッチクラフト(=「魔女がやるいろいろなこと全般」をウィッチクラフトと呼ぶ)をする上で大切な道具の一つです。
  3. 魔法の杖で魔法をかける・・・これもイメージとしては間違ってないです。魔法の杖=マジカル・ワンドも魔女学校で作ります。マジカル・ワンドはエネルギーをコントロールするときに使います。
  4. 呪文をかける・・・悪い呪文はかけません。呪文はスペルと言います。かけることをキャスティングと言います。呪文をかける=スペル・キャスティングと言い、ポジティブにものごとを変化させるために行います。引き寄せの法則を起こすためとか。
  5. 魔女狩り・・・これも歴史上の事実で、キリスト教を強靭なものにするために、魔女を悪として殺したのですが、魔女は決して悪い人たちではありませんでした。宇宙と地球のエネルギーとレゾナンスして自然の力を利用して賢く生きる人たちでしたが、この賢さを脅威として、キリスト教により抹殺されたわけです。以後、世の中がキリスト教主体となり、物語に登場する悪役を魔女にして、魔女は悪いことをする人と作り上げました。考えてみたら、魔女っていう日本語も、魔とは、「人を迷わすもの。修行をさまたげ、善事を害する悪神。人間わざでない、不思議な力をもち、悪をなすもの。」と辞書に載っていますが、今後、私たち本当の魔女の力で、魔女とは「宇宙と地球のエネルギーとレゾナンスして自然の力を利用して賢く生きる女性のこと」と定義づけられるようにしていきたいですね。

魔女の慣習

  • サバット・・・年8回あるマジカルな祝日のお祝いリチュアル
  • エスバト・・・毎月の満月のお祝いリチュアル
  • スペルキャスティング・・・そのときどきの目的に合わせた魔法をかけるワークのこと

以上、3つが日常的に魔女が慣習として行っていることです。この中に、女神、アルター、リチュアル、シギル(シンボル)、ハーブ、アロマ、クリスタル、タロット、オラクルカード、アストロジー、数秘学、カバラ、転生輪廻(リインカーネーション)、レイライン、バグア、アニマルトーテム、スペルワーク、過去世、アカシックレコード・・・などなどが含まれます。

セイクレッドムーン魔女学校で学ぶこと

  • 現代に魔女として生きるために必要なことサバット、エスバト、スペルキャスティングの慣習を行いながら生きること
  • ウィッチクラフトについて学び、日常生活に活かすこと

↓カリキュラムとお申込はこちらから↓

PAGE TOP

このイメージは著作権で守られていますので、コピーはできません!ミラクルヒーリングアカデミー