Information

インフルエンザでシナモンが有用とのこと

 

インフルエンザ対策には、ユーカリラジアータ、ティートリー、ペパーミントのエッセンシャルオイルをアロマディフューザーで散布していました。私はアロマをお薬のように使って効果をあげるので、1日中延々と散布し続けるということはしません。夜、閉めっきりにしていた空気の入れ替えをして、朝、一度、タイマー散布します。そして、夕方、もう一度散布します。ピーク時は寝る前にももう一度散布していました。

さらには、この3種でスプレーを作り、あちこちシュッシュしていました。ファブリーズがわりという感じ。ペパーミントの殺菌力はかなり高いと実証されてたりします。他、抗菌、抗ウィルス作用もあり、この3種の組み合わせは風邪やインフルエンザのときはとても有用です。ユーカリ・ラジアータは、鼻やのどにも効果を発揮します。

エッセンシャルオイルを持っていると、本当に便利。自分用に使うなら、スプレーは、100円のスプレーボトルに、エッセンシャルオイルと消毒用エタノールかウォッカを少々入れて、あとは水を加えるだけ。ミネラルウォーターでOKです。

そしたら、ニュースでインフルエンザにはシナモンがウィルスを撃退する効果があるということで、シナモンでアロマディフューザーしたんですけど、香りが鼻について、風邪などで弱ってるモードの空気感のときには、あまり合いませんでした。シナモンといえば、クリスマスの香りですものね。きっとシナモンティーとか食べ物に使うといいかもしれません。

PAGE TOP